O脚、むちうち症、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、骨盤矯正、スポーツ障害、顎関節症、50肩、ぎっくり腰、PNF、筋スラッキング・・・
愛知県豊田市のプロポーションケアOASIS | 交通事故・むち打ち矯正
マニュアル販売 施術情報 ご案内 図書室 リンク お問い合わせ
 
O脚
メカニズム
O脚矯正
初回5000円
頭蓋骨は
動いている
顎関節症
に頭蓋骨矯正
頭蓋調整法
(頭蓋仙骨治療)
むちうち症 坐骨神経痛
トリガー現象
  
 
モートン病

@第4、5中足骨頭間(近位)の神経炎
電撃性または神経性足痛を発作的に起こすものが、1876年Mortonによって始めて記載された。一般にMorton病と呼ばれている。長い歩行、遊戯、ダンスなどの後に突然急激な疼痛発作が第4、稀には第3中足骨頭部に起こる。患者は驚いて靴を脱いでみるほどである。第4、5中足骨頭間を走る外足底神経が、いわゆる絞扼性神経炎として圧迫された疼痛。第5中足骨が靭帯弛緩のため、歩行にさいして第4中足骨に向かって上方に移動する。

●施術方法
文献によると足底部の指圧・マッサージと足底板で治癒すると記載されていますが、この方法では直ぐに激痛をとることはできません。
第5中足骨頭部を下方に引き下げながら第4中足骨頭部を足底部よりスーパーマッサージのバイブレーションをかけ続ける。数回この手技を施すと激痛が軽減していきます。。
足底板は装着しておくと再発予防になるので装着しておく。
モートン病図1 モートン病写真1

A第3、4中足骨頭間(遠位)の神経炎
●解剖及び損傷高位と症状
総足指神経は内側及び外側足底神経から分岐する純粋な知覚神経であり、内側足底神経からの枝は短指屈筋の内側を回り、外側足底神経からの枝は短指屈筋の外側を回って足底に現れる。第3-4趾間への総足底指神経はその第3趾外側に分布する成分は内側足底神経から、第4趾内側に分布する成分は外側足底神経から構成されており、この二つの足底神経からの枝が短指屈筋をそれぞれ内側及び外側から迂回して足底に現れた後に第3-4趾間への一本の総足底指神経を構成する。このためほかの神経よりも構造上、牽引などのストレスがかかり、絞扼性障害であるMorton病を起こしやすい。なお、第3-4趾間で障害が多い理由は中足骨頭のなすアーチがこの部分で急に変化することも要因の一つとされている。
足趾が中足趾節間関節(MP関節)で過伸展される肢位では、神経は深横中靭帯部で強く屈曲を強制され、絞扼障害発生の基盤となる。
 この神経の障害は、したがってMP関節での背屈を強制されるような状況下で起こりやすく、外傷性あるいは先天性の槌趾変形がある場合や、職業的に中腰の姿勢を長時間続ける場合、またハイヒールを常用している場合に神経障害の発生誘因となる。外反母趾がある場合も、母趾の底屈力の低下により、ほかの趾の背屈が強制され発症する。
モートン病図2
総足底指神経の走行
モートン病図3
総足底指神経の知覚支配領域



モートン病図4



●症状
第3-4趾間及びその底側面の刺すような疼痛と中足骨頭部の疼痛である。中年以後の女性に多い。
痛みはその程度が強く耐えられないことが多く、ときには下腿まで及ぶ。
特定の仕事や、ハイヒールの常用などの、MP関節過伸展強制位での発症が多く、またこの肢位で増悪する。靴を脱いだり、前足部をマッサージすると軽快する場合が多い。

●施術
神経に対する安静の目的でハイヒールや先の細い靴の使用を禁じ、さらに足のアーチを保持して中足骨による神経への刺激を減少させる目的で足底板の使用と足の指を背屈制限させるキネシオテーピングが効果的である。

*解説図は図書室で紹介してる文献より引用させて頂きました!
トップへマニュアル販売O脚矯正施術情報当院のご案内図書室お問い合わせ
 
Copyright (C) 2006 THE PROPORTION CARE OASIS. All Rights Reserved.
掲載されている全ての画像、文章のデータについて、無断転用・無断掲載をお断りいたします。